読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風があれば

都内アパート暮らしの会社員(女)のぼやき。毎日会社と家の往復でボケそうなのでブログ始めました。

有いち

先日行った荻窪の小料理屋を備忘まで残しておこう。
どこのページを見て知ったのか忘れたけど、前から気になっていた有いちという店に行く機会があった。
土曜はコースのみでお願いしている、と言うので、7000円台のコースで予約。
メニューは飲み物しか渡されないので、コースに何がどんな順で出されるのかわからないのはどうにも慣れない。最初に献立を説明してもらえると良いのに。
まずは宍道湖の蜆の葛湯が出される。「今日は呑め」と煽られてるのか、逆に「呑みすぎるな」と戒められてるのか判らない。「オルニチン..」とつぶやきながら胃に流し込む。

野菜の炊き合わせも美味しかったし、白子、車海老、からすみ、ワカサギなどの八寸も見た目も鮮やかに楽しめて盛り上がった。また、香箱蟹の椀物も、お造りも贅沢で、特にヒラメはコリコリして美味しかった。

結果的に大満足の内容だったけど、少々飲みすぎたのか、会計を見て酔いが覚めた。
ビールのあとに〆張鶴 純、大七、ひこ孫、田酒、誠鏡を呑んだことまでは覚えている。すると酒代だけで13000円ぐらいってこと?田酒が2000円近かったけど、もうちょっと手頃な銘柄があるといいなぁ。

春になったらまた行きたいけど、例のグルメガイドブックに最近載ってしまったらしいので、これから予約がとれにくくなりそうな予感。